2007年03月13日

愛すべき「チタマ」バトン

interviewshot2.jpg
↑クリックすると公式サイトへジャンプ!

ただ今、空前絶後の話題沸騰作

『不都合な真実』

観てきました!!



すでに観た周りの人たちから、すごく反響の声が上がっているのを耳にしていました。

結論は・・・

絶対見ないといけないというわけではないですが。


地球のお世話になっていると思う人

子供たちに安心して成長してほしい人


絶対見に行くべきです!!


この映画を見終わってから

すごく地球が愛おしく思えました。

小さな存在、弱い存在なんだなと思えました。



僕は年に数回、友人が旅行するときペットを預かったりしています

かわいいですね〜

預かっている間、心配です。

小さな存在の彼らは僕の不注意で死んでしまったりしないか・・・



僕は子供はまだいませんが、子供でありました。

無事に育ててくれた親に感謝です。


そして今、快適に過ごせる環境・地球にも感謝です。



この映画を見ると、

その地球が今、小動物のように弱々しく

今にも重大な病気が発病し死んでしまう直前なんだと言うことが手に取るようにわかりました。

かなり重度のメタボリックシンドロームです。


ホントに小さな愛すべき生物なんだなと。



地球は今・・・あなたの手のひらの中で震えています。
070313_2332~0001.jpg


僕の子供が将来大人になって、今の僕のような快適な生活を過ごせる見込みは薄いです。ホントに残念なことです。



そしてその世界たるや、すさまじい光景です。



だけど、この映画が本当に言いたいのは

「まだ取り返せる」

ということを知ってほしいのだと思います。



これを本当の意味で「知る」ことは

いま置かれている現状を真実を知ることが先決だということです。



こういう現状だからこそ

今ならまだ取り返せる!!



これを「まだ大丈夫でしょ!?」と受け取ると先はありません。


このままでは先が無いと「知る」ことから

まだ取り返すことが始まると言うことです。



この手の映画は、何か危機感を与えて過度の不安を感じるんじゃない??と言う人もいるかもしれませんが。

たぶん。どんな人もこの映画(事実)を見たら納得出来ます。


そして、今までが恐ろしく誰か一部の人たちにとっての
『好都合な虚像』
で世界が動いているんだなぁと気づかされます。



映画の冒頭に


「無知が愚かなのではなく
  自分は知っている
   という思い込みが問題なのである」



という言葉があります。


地球の温暖化


この言葉を”知っている”人たちは大勢います。


そこが問題なのかもしれません。



昔、地球が真っ平らで、地平線が滝だったころ

一人の男が地球は丸いと言い続けました。

その男は周りの人たちから嘲り笑われました。

真実が知られるまでは

earth.jpg


真っ平らの地球で子供の将来の幸せを願っている親たちは

恐らく、たぶん、食費を削ってでもこの映画を見に行ったほうが子供の幸せに直結するかもしれません。


子供のいない人なら論外です。

今遊ぶお金があるなら将来も遊べるように映画の1本暇つぶし替わりに見てはいかがでしょうか。



自分は知っている!!という思い込みが問題を続けさせるのです。




わざわざ映画を見に行かなくても温暖化防止のために

  ○○すればいいんでしょ??

  △△しなければいいんでしょ??

と言いたいひともいるでしょう。

でもそういうことでは無いのです。

そういう人には、こう言いたいです。

 どうせしないんでしょ!??

たった1本の映画を2時間座って見るだけのことが出来ない人が

毎日何かをコツコツやり続けることが出来るわけありませんからね。



今の現状を知るだけでいいのです。

知れば体が勝手に動きますから。




僕は普段、ミクシィとかで流れている「バトン」はほとんど参加しません。



だけど、このバトンだけは受け取って良かったと思ったし

誰かに受け取って欲しいなと願っています。





ちょっとヘヴィな内容の記事になりましたが

この記事を読んで10人くらい見に行ってくれたら

僕はもう凄くうれしいです。

願わくば、その最初の1人があなたであって欲しいと強く思います。



最後に、押し付けがましい書き方になってすいませんでした!!ふらふら



公開は3月16日まで

場所はパレット久茂地の9階映画館ですわーい(嬉しい顔)



コメントはできれば

「見に行きたい」よりも

「もう見たよ」or「さっそく見てきたよ」

であればうれしいです〜


nikotyan.jpg
大王「こんなチタマ、もう欲しくないだがや・・・」
家来「大王さまあせあせ(飛び散る汗)でも逃げられませんたらーっ(汗)

posted by ようかつ at 22:52 | 沖縄 ☔ | Comment(3) | 経済とライフワーク教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです(^^)
毎回コメントもせずにのぞきみしてます(笑)
が今回は、すごく興味のある内容なので、ながーいですが書きますね(^^)
僕が、波乗り始めたころに読んだ雑誌の記事です。
カナダに住む12歳〜13歳の子供達が集まり、今の世界を変えようとECOという環境団体を作った話。

キーパソンとなった12歳の女の子、スズキ・セヴァン 彼女は、リオで環境サミットが開催されることを聞き自分達で、カナダからブラジルまでの費用を自分達だけで集めはじめた。
親たちも始めは、あきれていたが、子供達の熱意に、大人も動き始めた。
努力の甲斐あり、リオ入りできたが、会員でもなければゲストでもない、まして12歳の子供。発言のチャンスなどなし。
しかし「行って何とかしてやる」という情熱に、最終日ぎりぎりに発言のチャンスが与えられた。そしてこれが「伝説のスピーチ」として世にひろまることになった・・

一部を紹介すると
「・・・あなたがた大人のみなさんに問います。オゾン層に空いた穴をどうやってふさぐのか?、あなたたちは知らないでしょう。

死んだ川にどうやってサケをよびもどすのか? あなたたちは、知らないでしょう。

絶滅した動物をどうやって生き返らせるのか? あなたたちは知らないでしょう。

そして今や砂漠となってしまった場所にどうやって森を蘇らせるのか? あなたたちは知らないでしょう。

どうやって直すのかわからないものこわし続けるのはやめてください・・・
こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。

まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。
でも、あなたがた大人にも、知ってほしいのです。
あなたがたもよい解決法なんてもっていないことを・・・

ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。
あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。
でもほんとうは、あなたがたもでれかの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばでもあり、おじなんです。。

そしてあなたがただれもが、だれかの子どもなんす。

・・・私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。
私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。

もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子どもだけどそれを知っています。

・・・なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。
そしていったい誰のためにやっているのか。
それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。
あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているのです。

・・・私は怒っています。でも、自分を見失ってはいません。私は恐い。でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを私は恐れません」。

2002/Surfing Wordより抜粋。
この記事を読んだとき心が震えました。

彼女今は、27歳か29歳。
僕が12歳のころっていったら・・・(笑)

リオの会議から15年・・。
今年、温暖化が原因で、太平洋の小島が、大潮の日に、沈んだ。しかし、環境問題に対して多くの人間が、目を向け始めている。これからどうなるのかな?
これからも、環境破壊は続くのかな?。この問題は、国家・経済の問題でもあるし。地球人としての問題でもある。と思います。
やはり自分にできることは何なのか?を知ることが大切だと思います。僕は今週末に見に行こうと思ってます。
よっちゃんさんこんどおしゃべりしたいですね(^^
Posted by keinosuke at 2007年03月15日 21:27
Keisさん>
貴重なコメントありがとうございます。
少々書き方が乱暴でしたので無反応はいたしかたないと思っていたところ嬉しいコメントです
(^o^)
僕も本当に何をしていいのかはまったくわかりませんが、ちょっとづつ積み重ねて行きたいと思います。
そう思わせてくれた映画や、その記事に出会えたことが良かったことですね!
Posted by よっちゃん at 2007年03月15日 22:01
keis>
私の日記にそのまま抜粋していいかな?!
みんなにも見てもらいたい!
Posted by あさぽん at 2007年03月16日 09:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。